ソチ2014パラリンピック冬季競技大会佐藤真海選手聖火リレー

editorial-image-fallback

パラリンピアンの佐藤真海選手(陸上競技)が、3月6日(木)ソチ2014パラリンピック冬季競技大会聖火リレーにおいて聖火ランナーを務めました。

佐藤真海選手コメント

「この度、ソチ2014パラリンピック冬季競技大会の聖火ランナーに選ばれ、走ることができ大変光栄に思っております。とても素晴らしい経験をさせて頂き、一生の思い出になりました。また、パラリンピアンとして特別な思いを抱いていた聖火を運ぶことができ、大変嬉しく思うとともに、改めてその重みを感じました。
パラリンピックの聖火はパラリンピックムーブメントのシンボルで、全ての選手の努力、そしてパラリンピックの価値である決断力、勇気、平等、インスピレーションを表しています。今回、私が聖火ランナーとして走らせて頂いたことで、より多くの人がソチパラリンピックに関心を持ち、その流れが2016年リオ大会、2018年平昌大会、そして2020年東京大会へパラリンピックムーブメントとして広がることを期待したいと思います。ソチオリンピック同様、パラリンピックも素晴らしい大会になることを確信しています。出場するすべての選手たちの全力を出し切る姿が世界中の人たちの心に届くことを願っています。」