IPC/東京2020オリエンテーションセミナーを開催

editorial-image-fallback

日本オリンピック委員会(JOC)、東京都、公益財団法人日本障害者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)は、1月19日(日)・20日(月)に、国際パラリンピック委員会(IPC)と合同で、IPC/東京2020オリエンテーションセミナー(IPC/Tokyo 2020 - Orientation Seminar)を開催しました。

2日間にわたって開催された本セミナーでは、IPC副会長のアンドリュー・パーソンズ氏および同CEOのハビエル・ゴンザレス氏を中心とするIPC代表団が、パラリンピック競技大会の概要、パラリンピックムーブメント、IPCの組織、障がい者の参画とレガシー、パラリンピックブランドとコミュニケーション等について説明しました。また、パラリンピック競技大会成功のための知識共有や今後のプロセスについての意見交換が行われました。

オリエンテーションセミナーに先立って1月18日(土)には、IPC代表団向けに一部の競技会場の視察ツアーが実施されました。

アンドリュー・パーソンズ IPC 副会長/第32回オリンピック競技大会(2020/東京)調整委員会委員 コメント 「会場視察、セミナーが行われた有意義な3日間は、IPCと東京2020の今後6年間に渡る長きパートナーシップの船出であり、パラリンピック競技大会に関する様々な情報、知識を共有できました。2020年、東京でのパラリンピック競技大会がこれまでにない素晴らしいものになることを願っております。

今回来日したIPCメンバー全員が、パラリンピック競技大会成功に向けたセミナー参加者のやる気と情熱に感銘を受けました。鳥原会長をはじめ、セミナーにご参加くださった皆様に厚く御礼申し上げます。今後も皆様と強固なパートナーシップのもと協力できることを期待しております。

これから大会まで、日本そしてアジアにおいて私たちはパラリンピックムーブメントの認知度を高める絶好の機会に恵まれます。大会組織委員会そして2014年、2016年のパラリンピック競技大会を放映するNHKと協力することにより、このチャンスを十分に活かせると思います。」

鳥原光憲 日本障害者スポーツ協会会長/日本パラリンピック委員会委員長 コメント

「IPCと合同で行われたオリエンテーションセミナーは、今後6年間に大会組織委員会が取り組むべき幅広いトピックをカバーするものであり、大変有益なものでした。参加者の皆様はパラリンピック競技大会を開催するにあたり、どのような準備や心構えが必要かということを学ぶことができたと思います。

非常に内容の濃いセミナーを開催頂いたアンドリュー・パーソンズ氏、ハビエル・ゴンザレス氏をはじめIPC関係者の皆様に心より御礼申し上げます。2日間に渡るセミナーは大変有意義なものであり、またIPCと東京2020の今後の良好且つ生産的な協力関係を構築していく良い機会になったと確信しております。

今回のセミナーには約220名の参加があり、パラリンピック競技大会開催における様々なチャレンジについて多くを学ぶことができました。大会開催準備を通して日本のパラリンピックに対する認識を更に高め、東京大会が決断力、インスピレーション、勇気、平等というパラリンピックの価値を世界に示し、促進できるものになるよう今後一層努力して参ります。」