READY STEADY TOKYO - カヌー(スプリント)

イベント概要

実施競技

カヌー(スプリント)/パラカヌー

開催場所

海の森水上競技場

開催スケジュール

9月12日(木)

カヌー(スプリント)

予選 9:00~

9:00~ 女子カヤックシングル(WK1)200m H 1~3
9:15~ 女子カナディアンシングル(WC1)200m H 1~3
9:30~ 男子カヤックシングル(MK1)1000m H 1~3
10:05~ 女子カヤックペア(WK2)500m H 1~2
10:17~ 男子カナディアンペア(MC2)1000m H 1~2

準々決勝 11:00~

11:00~ 女子カヤックシングル(WK1)200m QF 1~2
11:10~ 女子カナディアンシングル(WC1)200m QF 1~2
11:20~ 男子カヤックシングル(MK1)1000m QF 1~2
11:50~ 女子カヤックペア(WK2)500m QF 1~2
12:02~ 男子カナディアンペア(MC2)1000m QF 1~2

パラカヌー

予選 12:45~

12:45~ 男子カヤック(MKL1)200m H1~2
12:55~ 女子ヴァー(WVL2)200m H1~2
13:05~ 男子カヤック(MKL2)200m H1~2
13:15~ 男子カヤック(MKL3)200m H1~2

準々決勝 13:50~

13:50~ 男子カヤック(MKL1)200m SF1~2
14:00~ 女子ヴァー(WVL2)200m SF1
14:05~ 男子カヤック(MKL2)200m SF1~2
14:15~ 男子カヤック(MKL3)200m SF1~2

9月13日(金)

カヌー(スプリント)

準決勝 9:00~

9:00~ 女子カヤックシングル(WK1)200m SF 1~2
9:10~ 女子カナディアンシングル(WC1)200m SF 1~2
9:20~ 男子カヤックシングル(MK1)1000m SF 1~2
9:50~ 女子カヤックペア(WK2)500m SF 1~2
10:02~ 男子カナディアンペア(MC2)1000m SF 1~2

決勝 10:30~

10:30~ 女子カヤックシングル(WK1)200m FB
10:35~ 女子カヤックシングル(WK1)200m FA
10:43~ 女子カナディアンシングル(WC1)200m FB
10:48~ 女子カナディアンシングル(WC1)200m FA
10:54~ 女子カヤックシングル(WK1)200m Medals
11:02~ 男子カヤックシングル(MK1)1000m FB
11:09~ 男子カヤックシングル(MK1)1000m FA
11:18~ 女子カナディアンシングル(WC1)200m Medals
11:26~ 女子カヤックペア(WK2)500m FB
11:32~ 女子カヤックペア(WK2)500m FA
11:39~ 男子カヤックシングル(MK1)1000m Medals
11:47~ 男子カナディアンペア(MC2)1000m FB
11:54~ 男子カナディアンペア(MC2)1000m FA
12:03~ 女子カヤックペア(WK2)500m Medals
12:09~ 男子カナディアンペア(MC2)1000m Medals

パラカヌー

決勝 12:30~

12:30~ 男子カヤック(MKL1)200m FB
12:35~ 男子カヤック(MKL1)200m FA
12:43~ 男子カヤック(MKL2)200m FB
12:48~ 男子カヤック(MKL2)200m FA
12:54~ 男子カヤック(MKL1)200m Medals
13:02~ 男子カヤック(MKL3)200m FA
13:10~ 女子ヴァー(WVL2)200m FA
13:16~ 男子カヤック(MKL2)200m Medals
13:22~ 男子カヤック(MKL3)200m Medals
13:28~ 女子ヴァー(WVL2)200m Medals

9月14日(土)

カヌー(スプリント)

予選 9:00~

9:00~ 男子カヤックシングル(MK1)200m H 1~3
9:15~ 女子カヤックシングル(WK1)500m H 1~3
9:33~ 女子カナディアンペア(WC2)500m H 1~2
9:45~ 男子カヤックペア(MK2)1000m H 1~2
9:59~ 男子カナディアンシングル(MC1)1000m H 1~3

準々決勝 10:30~

10:30~ 男子カヤックシングル(MK1)200m QF 1~2
10:40~ 女子カヤックシングル(WK1)500m QF 1~2
10:52~ 女子カナディアンペア(WC2)500m QF 1~2
11:04~ 男子カヤックペア(MK2)1000m QF 1~2
11:18~ 男子カナディアンシングル(MC1)1000m QF 1~2

パラカヌー

予選 12:00~

12:00~ 女子カヤック(WKL1)200m H1~2
12:10~ 男子ヴァー(MVL2)200m H1~2
12:20~ 女子カヤック(MKL2)200m H1~2
12:30~ 男子ヴァー(MVL3)200m H1~2
12:40~ 男子カヤック(MKL3)200m H1~2

準々決勝 13:15~

13:15~ 女子カヤック(WKL1)200m SF1~2
13:20~ 男子ヴァー(MVL2)200m SF1
13:30~ 女子カヤック(WKL2)200m SF1~2
13:40~ 男子ヴァー(MVL3)200m SF1
13:50~ 女子カヤック(WKL3)200m SF1~2

9月15日(日)

カヌー(スプリント)

準決勝 9:00~

9:00~ 男子カヤックシングル(MK1)200m SF 1~2
9:10~ 女子カヤックシングル(WK1)500m SF 1~2
9:22~ 女子カナディアンペア(WC2)500m SF 1~2
9:34~ 男子カヤックペア(MK2)1000m SF 1~2
9:48~ 男子カナディアンシングル(MC1)1000m SF 1~2

決勝 10:30~

10:30~ 男子カヤックシングル(MK1)200m FB
10:35~ 男子カヤックシングル(MK1)200m FA
10:43~ 女子カヤックシングル(WK1)500m FB
10:49~ 女子カヤックシングル(WK1)500m FA
10:56~ 男子カヤックシングル(WK1)200m Medals
11:04~ 女子カナディアンペア(WC2)500m FB
11:10~ 女子カナディアンペア(WC2)500m FA
11:17~ 女子カヤックシングル(WK1)500m Medals
11:25~ 男子カヤックペア(MK2)1000m FB
11:32~ 男子カヤックペア(MK2)1000m FA
11:41~ 女子カナディアンペア(WC2)500m Medals
11:49~ 男子カナディアンシングル(MC1)1000m FB
11:56~ 男子カナディアンシングル(MC1)1000m FA
12:05~ 男子カヤックペア(MK2)1000m Medals
12:11~ 男子カナディアンシングル(MC1)1000m Medals

パラカヌー

決勝 12:30~

12:30~ 女子カヤック(WKL1)200m FA
12:38~ 男子ヴァー(MVL2)200m FA
12:46~ 女子カヤック(WKL2)200m FB
12:51~ 女子カヤック(WKL2)200m FA
12:57~ 女子カヤック(WKL1)200m Medals
13:05~ 男子ヴァー(MVL3)200m FA
13:13~ 女子カヤック(WKL3)200m FA
13:19~ 男子ヴァー(MVL2)200m Medals
13:25~ 女子カヤック(WKL2)200m Medals
13:31~ 男子ヴァー(MVL3)200m Medals
13:37~ 女子カヤック(WKL3)200m Medals

参加国数

約40カ国
※カヌー(スプリント)及びパラカヌー

参加選手

カヌー(スプリント) 約170名
パラカヌー 約70名

出場選手

出場選手リスト(2019年9月4日現在)
※選手リストは、英語で表示しています

競技概要

<カヌー(スプリント)>

スプリントは、少し前までフラットウォーターレーシングと呼ばれていた。まさに平らで静かな水面で、8つのレーンが張られ、一斉にスタートしてゴールまでまっすぐ進んでいくレース。ボート競技に似ているが、漕ぎ手の向きがカヌーは前向きで、後ろ向きのボートとは逆だ。またボートの漕ぐ道具であるオールと異なり、カヌーの道具のパドルは艇に固定されていないので、細かな操作ができるのも特徴の一つ。距離もボートが2000メートルであるのに対し、カヌーのスプリントは200メートル~1000メートル。200メートルは30~50秒で終わってしまう。スプリントの名の通り、短距離を全速力で漕ぎ抜ける競技で、スタートでの素早い飛び出しがポイントとなる。

スタートダッシュの後、水しぶきを上げながら猛スピードで水上を滑るように突き進んでいく様は迫力があり、見ていても爽快だ。選手たちのリズミカルで無駄のない動きも格好がいい。とくにペア、フォーの息の合った動きは美しく、見る者を魅了する。

最後はスパート力も重要だ。白熱した戦いは、最後まで目を離せない。

カナディアンとカヤックでも注目点は異なる。カナディアンは片側しか漕がないので、ふつうに右で漕いでいると左方向に傾いてくる。そこで、方向をコントロールする漕ぎ方の技術がものを言うことになる。膝を立てた独特のスタイルとともにカナディアンの見どころだ。

カヤックは両側で漕げるため、カナディアンより速く進む。よりダイナミックなスピード感が醍醐味だ。

オリンピック競技 カヌー 競技詳細を見る

<パラカヌー>

リオデジャネイロ2016大会からパラリンピックの正式競技となったカヌー。ボートとは異なり、選手は進行方向に向かって座る。1艇に1人が乗り、8艇が一斉にスタート。パドル(櫂)を使って漕ぎ進み、タイムを競う。パラリンピック競技となっているのは障害物のない直線コースで着順を競う個人200メートルスプリントで、リオデジャネイロ2016大会ではカヤック種目が行われた。東京2020大会では、これにヴァー種目(VL)が加わる。カヤック(KL)と(VL)ヴァーは、艇とパドル(櫂)の形状が異なり、漕法も異なってくる。

カヌーのスプリント種目はパドル(櫂)を使ってカヌーを漕ぎ、シンプルに速さを競う水上での短距離競争だ。対象となるのは下半身や体幹に障がいのある選手で、公平な競技を行うため選手は障がいの程度や運動機能によって3つのクラスに分けられる。クラスは重いほうから順に、L1クラス(体幹の機能がなく胴体を動かすことが困難なため、肩と腕の機能だけで漕ぐ選手)、L2クラス(下肢で踏ん張ることが困難だが、胴体と腕を使って漕ぐことができる選手)、L3クラス(脚、胴体、腕を使い、踏ん張ることや腰を使う動作によって艇を操作できる選手)になる。カヤック部門はKL1、KL2、KL3、ヴァー部門はVL1、VL2、VL3と表される。東京2020大会で行われるヴァー部門は、男子ではVL2、VL3のクラス、女子はVL2のクラスである。

パラリンピック競技 カヌー競技詳細を見る

主催者

東京2020組織委員会

注意事項

組織委員会主催/共催のテストイベントについては、競技及び運営のテストを行っている関係上、一般のお客様は観戦いただけませんので、ご了承ください。

関連コンテンツ

パラカヌー瀬立モニカ選手の聡明さと芯の強さ 地元・東京で躍進が期待されるメダル候補

カヌー・カヤックフォアで東京2020大会内定 松下桃太郎選手の「読み」と「筋肉」に注目!?

カヌー(スプリント)結果

READY STEADY TOKYO (TOP)

サポーティングパートナー

アソシエーティングパートナー