東京2020公式アートポスター

20世紀初頭から、各大会の組織委員会は、オリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために、ポスターを制作してきました。また、オリンピックのポスターは、各大会の特色を世界に伝える役割も果たしています。
近年では、パラリンピックのポスターも含め、国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を制作するようになりました。その中からは、時代のアイコンとなるような作品も生まれています。
東京2020大会では、国内外のアーティストにオリンピックまたはパラリンピックをテーマにした芸術作品を制作いただき、それらを東京2020公式アートポスターとして機運醸成に活用していきます。

(参考)過去大会の事例(英語のみ):Olympic Summer Games Posters from Athens 1896 to Rio 2016

オリンピックをテーマとする作品

パラリンピックをテーマとする作品

アーティスト選定委員

以下のメンバーから成る「アーティスト選定委員会」を設置し、本プロジェクトを管轄するオリンピック文化遺産財団とともに議論を重ね、アーティストを決定しました。

(50音順、敬称略)2019年12月時点
委員長 青柳 正規 東京2020文化・教育委員会 委員長
多摩美術大学 理事長
奈良県立橿原考古学研究所 所長
東京大学名誉教授
秋元 雄史 東京2020文化・教育委員会 委員
東京藝術大学大学美術館 館長・教授
練馬区立美術館館長
今井 すみこ 東京2020顧問
環境デザイナー
今中 博之 東京2020文化・教育委員会 委員
社会福祉法人 素王会 理事長
アトリエ インカーブ クリエイティブディレクター
岩渕 貞哉 『美術手帖』編集長
織作 峰子 東京2020文化・教育委員会 委員
写真家
大阪芸術大学教授
川上 典李子 デザインジャーナリスト
田根 剛 建築家
Atelier Tsuyoshi Tane Architects 代表
南條 史生 森美術館 館長
藪前 知子 東京都現代美術館 学芸員