近代五種 スポーツの「王さま」

2020年3月31日

提供:毎日小学生新聞

1人が1日に、フェンシング、水泳、馬術、射撃・ランニングに挑戦し、総合得点で順位を争う競技です。全く違う5種目に挑むことから「キング・オブ・スポーツ」とも呼ばれています。

選手たちは、まずフェンシングからスタートします。有効面は全身、突きを繰り出す「エペ」で対戦し、1分間一本勝負の総当たり戦です。続く水泳は、自由形で200メートルを泳ぎます。再びフェンシングに戻り、30秒一本勝負の勝ち抜き戦のボーナスラウンドをこなした後は、馬に乗って障害物を飛び越える馬術です。

最後の射撃・ランニングは、フェンシング、水泳、馬術の成績を得点化し、それをもとに時間差をつけてスタートします。射撃は10メートル離れた的に5発命中させ、撃ち終わった選手から800メートルのランニング。これを4回繰り返します。すばやく5発を命中させれば、大逆転も可能です。