パラテコンドー 6分間、けりまくる

2020年3月10日

提供:毎日小学生新聞

東京パラリンピックから正式競技となり「キョルギ(組手)」が行われます。「足のボクシング」ともいわれ、けり技でポイントを取り、勝負を決めるスポーツです。

パラリンピックでは、男女それぞれ三つの階級に分かれます。腕に切断などの障害がある選手のうち、比較的障害が軽いK43とK44のクラスを合わせた一つのクラスで実施されます。

コートは、11・2メートル四方の安全エリアの中に、八角形の競技エリアがあります。1ラウンドは2分間。けりが決まった場所や、その強さが十分だったかは、胴体につけた電子防具で判定します。前げりは2点、180度の回しげりは3点、360度の回しげりは一気に4点が入ります。