第78回 限界決めず目標に向かって

2020年1月16日

提供:朝日小学生新聞

みなさんは、新年に目標を立てましたか? 年末年始にかけて、目標のかなえ方について質問されることが多かったので、参考になりそうな考え方を紹介します。

限界を自分で決めない。「私には無理かも」「ぼくにできるわけがない」と思っていたら、力を発揮できません。まずは「できる」と自分を信じるところから始めましょう。

私は「パラリンピックで金メダルを取りたい」という目標に向けてがんばっていました。当時はわからなかったけれど、ふり返ってみると、気づくことがあります。それは、うまくできないことを人や物のせいにしたり、不満やぐちが出たりするときは、気が散ったり、なまけたい気持ちが出ていたりするサインだったということ。

そんな時は、自分の目標を見直します。人と比べず、昨日の自分、1か月前の自分と比べ、少しでも成長していたら自分をほめるのが効果的です。他人や、周りの状況は変えられませんが、自分の考え方や行動は変えることができます。日記や記録は自分の状況をつかむのに役立つので、書いて残しておくことをおすすめします。

夢や目標は、動きません。向かっていくのも自分。逃げるのも自分です。ここまで読んで気づいた人も多いかもしれませんが、キーワードは「自分」です。自分を信じ、自分で決めたことに責任を持って努力すれば、その経験は成長の栄養になります。

2020年がみなさんにとって充実した一年になりますように。