陸上・トラック 100分の1秒を縮める

2020年1月7日

提供:毎日小学生新聞

トラック種目は、走り抜き、だれよりも先にゴールした選手が勝者となります。男女混合の1600メートルリレー以外は男女別で行われます。

オリンピック(五輪)の花形種目「100メートル」。スタートを決めて前半に引き離して逃げ切るタイプと、後半に爆発的な加速力で追い上げるタイプがあります。レースの時間は約10秒。選手たちは100分の1秒を縮めるために、練習をくり返します。このほか、短距離には「200メートル」「400メートル」があります。

トラックを何周もする種目は中・長距離と呼ばれ、種目は800メートル、1500メートル、5000メートル、1万メートル。走る速さや位置取り、スパートをかけるタイミングなど、多くの駆け引きがあります。スピードに乗って次々と障害物を跳んでいく「ハードル」や、障害物や水の上を駆け抜ける「3000メートル障害」など、多くの種目があります。