自転車 三輪や2人乗り、手こぎも

2019年10月22日

提供:毎日小学生新聞

選手が公平に競えるように、大きく四つのクラスに分けて走ります。自転車も障害の種類や程度により、二輪自転車(Cクラス)、三輪自転車(Tクラス)、2人乗り自転車(Bクラス)、ハンドサイクル(Hクラス)とさまざまです。

競技は大きく分けて「ロード」と「トラック」の2種類です。ロードは、一般の道路など屋根のない場所で行われ、天気の影響を受けながらレースを行ないます。パラリンピックでは、大勢の選手が一斉にスタートし、クラスによっては何十キロメートルにもわたって競い合う「ロードレース」、ハンドサイクルの選手が男女混合で走る「チームリレー」があります。1人ずつ時間差をつけてスタートする「タイムトライアル」もあります。

トラックは、屋内で傾きがあるコース(ベロドローム)で競走します。1周が短かく、猛スピードで何周も走るため迫力満点。「タイムトライアル」のほか、楕円形のコースのこちら側と向う側からスタートして1人対1人でタイムを競う「個人追い抜き(パシュート)」、男女混合チームで競う「チームスプリント」があります。