サニブラウン選手、9秒97 日本新

2019年6月9日

提供:朝日小学生新聞

アメリカ(米国)テキサス州オースティンで7日(日本時間8日)、陸上の全米大学選手権男子100メートル決勝が行われ、サニブラウン・ハキーム選手(米フロリダ大学、20歳)=写真右=が9秒97を記録しました。3位に入り、桐生祥秀選手(23歳)が東洋大学4年だった2017年に出した、9秒98の日本記録を0秒01更新しました。

サニブラウン選手は身長188センチ。ふみだす歩幅が大きいことが特徴です。5日(同6日)の準決勝で、平均秒速2・4メートルの追い風が吹いていたために公式には認められませんでしたが、9秒96を記録していました。