朝小リポーターがパラスポーツを体験

2019年3月20日

提供:朝日小学生新聞

朝日小学生新聞の「朝小リポーター」の2人が、障がい者スポーツに取り組む現場を取材しました。

「ブラインドサッカー」は、音の鳴るボールを使う、目の不自由な人も楽しめるサッカーです。朝小リポーターは「ブラインドサッカーが広まればいいなと思いました。体育の授業でできたら、多くの人が興味を持ってくれそうです」とリポートしました。

手や足を動かすのが難しい障がいをかかえながら水泳を楽しむ人たちを取材したリポーターは、「一番印象に残ったのは、仲間とはげまし合い、楽しそうに協力していることです」とリポートしました。