マセソン美季さんコラム:第59回 調べようパラリンピック

2019年11月7日

提供:朝日小学生新聞

私は、スーツの左えりに東京オリンピック(五輪)・パラリンピックのピンバッジをつけています=写真。日本に住んでいるみなさんは、見かけたことがあるロゴマークではないでしょうか。最近は新聞や雑誌、テレビコマーシャル、スーパーに並ぶ商品でも目にする機会が増えました。まだ見たことがない人は、ぜひ探してみてください。

最近は、海外出張に出かけた先でも、このピンバッジのロゴに気がつく人が増えました。知らない人から、来年の2020大会に関する質問をされる機会が多くなりました。「TOKYO 2020」は世界から注目をあびているのです。12日は五輪の500日前でした。4月13日はパラリンピックの開催まで500日の節目です。

春休みには、ぜひパラリンピックに関することを調べてみてください。小学生のみなさんが選んだマスコットは、外国におみやげに持っていくと、とても喜ばれます。キャラクターの名前や特徴を知っていますか。五輪では33競技、パラリンピックでは22競技が行われますが、競技の名前をいくつ言えますか。

スポーツが体験できるイベントも各地で開かれるので、参加してみるのもいいですね。

選手たちは、自分がやっているスポーツのことを多くの人に知ってもらい、応援してもらうことで大きなパワーをもらいます。今年はプレ大会が開かれ、海外から事前合宿にやってくる人たちもたくさんいます。大会をより楽しむために、今から、いろいろな情報を集めてみてください。疑問があれば、ぜひ質問をお寄せください。