東京オリンピックのピクトグラム発表、簡潔で躍動的なデザインに

2019年3月13日

提供:朝日小学生新聞

2020年の東京オリンピック(五輪)まであと500日となった12日、大会で実施される競技が一目でわかるスポーツピクトグラムが発表されました。選手の動きなどをシンプルに美しく表現しています。

ピクトグラムは人の動きや場所の情報などをシンプルな絵や記号で表したものです。たとえば、人がとびらの外に逃げる動きを表した非常口のサインなどが知られます。

スポーツのピクトグラムは1964年に開かれた東京五輪で初めて公式に採用されました。外国から訪れた人にも言葉を使わずに伝わるデザインをめざし、横尾忠則さんら日本のグラフィックデザイナーが協力して制作。大会後にはさまざまな場所で使われるようになりました。

2020年大会に向けて用意されたスポーツピクトグラムは33競技50種類です。各競技の決定的瞬間や、使う道具をかたどっています。 1964年大会で使われたピクトグラムが持つ良さを受けつぎながら、スポーツの動きの美しさも表現したそうです。12日、東京都江東区で開かれた発表会で、開発チームの広村正彰さん(64歳)は「シンプルで覚えやすいものをめざしました。今にも動きそうな躍動感があります」。

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪の陸上400メートルリレーで銀メダルにかがやいた飯塚翔太選手(27歳)は、スタート直後に体が一直線にのびる瞬間のピクトグラムを再現。「形が理想的で、筋肉も表現されていて速そうです」。2020年大会で初めて採用された空手の形で金メダルをめざす清水希容選手(25歳)は同じ立ち方を披露。「道着も帯もリアルでかっこいい」と話しました。