東京2020組織委員会のD&I取り組み

D&I宣言イベント
D&I宣言イベント

大会ビジョン

大会ビジョンの3つのコンセプトの一つに「多様性と調和」があります。世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とします。

東京2020エンブレム

エンブレムのデザインは、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表し、「多様性と調和」のメッセージが込められています。

持続可能性に配慮した大会運営

大会に関わる全ての人々の人権を尊重するために、大会の準備・運営においてダイバーシティ&インクルージョンを推進します。

Tokyo2020 アクセシビリティ・ガイドライン

組織委員会は、「Tokyo2020 アクセシビリティ・ガイドライン」を策定し、これに基づき、大会に向けたアクセスの機会を確保すべく環境整備を図ることで、障がいの有無に関わらず、すべての人々が相互に人格と個性を尊重し合う共生社会の実現に貢献することを目指します。

D&I接遇・サポート研修

職場をはじめ日常生活においてサポートを実践できる人材の育成を目的に、職員を対象にした研修を行っています。障がい当事者の職員が講師を務め、当事者が環境との間で感じるバリアや、接遇・サポートにおける基本姿勢や方法を体験を通して学びます。

D&I宣言

東京2020大会実施に向けて、人権及びダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)推進の意識向上を目標に、「D&I宣言」を行いました。

「オリンピック憲章とジェンダー」講演

大会ビジョンの3つの基本コンセプトの一つである「多様性と調和」を実現すべく、「ジェンダー平等」の推進に向け、中京大学スポーツ科学部教授・來田享子氏が講演を行いました。

PRIDE指標

職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取り組みを評価する「PRIDE指標」に応募し、2019年に引き続き、2020年も「ゴールド」を受賞いたしました。

Human Library

7名のLGBT当事者の方々をお招きし、「Human Library」というイベントを開催しました。目的は、LGBTへの理解を深め、そしてそれを大会計画へ活かすことです。