わっさい Wassai

wassai_nf
日程
-
場所
新宿御苑 風景式庭園(東京都)

全世界、全員主役の、前夜祭。
   東京2020、開幕直前。東京のど真ん中で世界中の仲間たちと輪になろう。 和をつくろう。一緒に音楽を奏で、踊り、祝福しよう。 主役は選手だけじゃない。大人だけじゃない。参加するすべての人だ。
 さぁ、この2日間を、みんなの一生モノに。

Wassai|コンセプト

話して 輪になり 環をつくり 和をうむ おまつり

オリンピック・パラリンピックで世界中のアスリートたちが参加交流するように、日本と世界の子どもたちを中心に、日本の「お祭り」をイメージした交流の場を創ります。多くの方々が参加して「わ」になることで、ここTOKYOで心が一つになり、友情が生まれる場になればと考えています。

Wassai|総合演出

菅野こうめい

プロフィール

1986 年「小堺クンのおすましで SHOW」で演出家デビュー。1994 年には 「アジア競技大会 広島」開会式・閉会式の総合演出を、2002 年には「FIFA WORLD CUP 決勝戦前夜祭」の総合演出を務めている。「フットルース」、「プロ デューサーズ」、「ガイズ・アンド・ドールズ」等のブロードウェイ・ミュー ジカルの翻訳・演出も多く、近年ではミュージカルのオリジナル作品にも精 力的に取り組んでいる。音楽的なセンスの良さと都会的なテンポ感を持ち味 に、ミュージカル、ショー、コンサート、博覧会、大型スポーツイベント、 さらにはテーマパークの総合演出など、活躍は多岐に渡る。最近作に、ミュージカル「キム・ジョンウク 添付資料 2 / 2 探し~あなたの初恋探します~」(2016 年~2018 年上演版全てを演出)、「JET STREAM~50th Anniversary Special Concert~」、東京 2020 公認プログラム『「にほんごであそぼ」スペシャルコンサ ート in 出雲~にっぽんづくし~』、ミュージカル「SMOKE」(2018 年初演版から全てを演出)、 「MASAYUKI SAKAMOTO ONE MAN STANDING 2019 THE GREATEST SYMPHONY」などがある。

コメント

わっ!は、驚きの
わっ!は、発見の
わっ!は、感動の言葉です。
今、一番新しい驚きと感動を、参加者全員で創りたい。
わっ!は、輪の
わっ!は、環の
わっ!は、話の歌声です。
その歌声をひとつにして、参加者全員で和を一緒に創りたい。
わっ!は、わっしょい!の
わっ!は、わっさい!の
わっ!は、僕らのお祭りの合言葉です。
さぁ!みんなでリズムを奏で、声を合わせ、踊りましょう!
世界がつながる大きなWAを創りましょう!
わっさい!

Wassai|モニュメント

人も自然も全てのものは、ひとときの形を成すが、
その形は留まることなく、絶えず変容し続け、
無形のかたちを追い求める。
無形の源は、始まりと終わりが繋がる「わ」から生まれ、
それらが係りながらを更に大きな「わ」になっていく。
「わ」のテーマから発想した、竹と和紙を用いた円形のオブジェを
会場美術に起用。
様々な個の境界が溶け、一つの「わ」となるように、
手作業で作られるそれらのオブジェが会場中央に組み上げられる。

Wassai|Art team

小野澤峻(Art teamリーダー)

プロフィール

東京藝術大学 大学院美術研究科 先端芸術表現専攻

コメント

「主に会場美術の制作に参加させていただきます。参加してくださる方の記憶にずっと残り続けるものとなるように、真摯に取り組みます。「わっ」と驚くような光景を作り出したいです。」

日比野克彦(監修)

プロフィール

アーティスト、東京藝術大学美術学部長・美術学部先端芸術表現科教授。岐阜県美術館館長。日本サッカー協会社会貢献委員会委員長。1958年日本・岐阜県生まれ。1984年東京藝術大学大学院修了。1982年日本グラフィック展大賞受賞。1986年シドニービエンナーレ参加。1995年ベネチアビエンナーレ参加。2003年〜越後妻有アートトリエンナーレ参加。2010年〜瀬戸内国際芸術祭参加。2013〜15年六本木アートナイト、アーティスティックディレクター。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。