モッコの物語 | しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ

沢則行さんによるデザイン
沢則行さんによるデザイン

又吉直樹 作

●おおきなおとが きこえています
はなびのような、カミナリのような、こうじのような、おおきなおと

●まどをあけてみると まっしろいゆきのせかいに
モッコのあしおとが ひびいているのでした

●とてもおおきなモッコが しろいいきをはきながら
ゆきのまちを あるいていきます

●モッコのあしおとにあわせて
ダンサーたちが ふしぎなおどりをおどっています

●モッコもまねしておどりますが
うごきが きみょうでみんながわらっています

●モッコのあしおとにあわせて
バンドがたのしそうにえんそうしています

●モッコもおんがくにあわせて
うたいますが かなりおんちでこまります

●モッコが川をとびこえると
おおきなあしおとといっしょに つよいかぜがふきます

●モッコのあしもとに「しんくう」ができて
くろいあなから いろんなものがみえました

●ほし、つき、おはな、おもち、らくだ、らくごか、くつはくときにつかうぼう、
ラッパー、おおもののよこにいるつうやくさん、ポッケにずっとあったふるいあめ、
あなたにはなにが見えますか

●「べんがろん ぐいっじぃな ぞぼいぞぼい!」
モッコのおなかのおとです

●「ずどずど ねででででぇー!」
モッコのあくびです

●モッコは しあわせをはこぶためにあるきつづけます
モッコは にんげんのことが だいすきです

●モッコが つりびとがさかなをつれたか
いわかげからのぞいています

●モッコがこどもたちとのサッカーでキーパーをしています

●モッコが献血しています

●モッコがコンビニのまえでヤンキーたちと
たむろしています

●モッコがキャッチセールスにつかまった
おんなのこをたすけようとしています

●おもいにもつをせおった たいへんそうなおばあさん
モッコは おばあさんごと てのひらにのせました

●だけど おばあさんは にもつをせおったままだから
おもさはあまり かわりません

●モッコは おっちょこちょいです
だけど なぜか おばあさんは えがおです

●モッコはいねかりをてつだいます
だけど しゅうかくしたより たくさんたべます

●「べべべんべべべべ ずぐずぐべろーん!」
モッコのあくびです

●「みゃんが みゃん が」
モッコのねごとです

●いまにもたおれそうなおおきな木があって みんなが意見をいいます
「きったほうがいい」「ささえよう」「こんなもんはほっとけ」「どこかにうりとばそう」
意見はバラバラですが なんとかしたいというきもちはおなじです

●モッコはたおれそうなおおきな木をひっこぬき そらになげました
おおきな木は宇宙までとんで ながれぼしになりました
そのながれぼしに みんながねがいごとをいいます

●「イルカとおよぎたい」「すべてのまんがをよみたい」「あくびのかおをみられたくない」「かぞくにあいたい」「あらそいをなくしたい」「みんながわらえるせかいがみたい」「ウインクがうまくなりたい」「れいぞうこのあまりものでなにかおいしいものをつくりたい」
ねがいはバラバラですが あしたをよくしたいというきもちはおなじです

●こどもたちが モッコとなかよくなりました
モッコはようしゃなくすもうでぜんいんたおします

●つぎのまちまであるくあいだ
モッコがこどもたちのはなしをきいてくれます

●うちゅうのはなし、はつこいのはなし、おかあさんのはなし、
えんぴつのうしろについている けしゴムのはなし

●わかれをおしんだ こどもたちがいいました
「ぼくたちのまちでいっしょにくらそ」

●モッコはあるきつづけます
「ちがーけしぎがみっちぃから いろんなえがおがみっちぃがら あるぎつづけんだ
でぎっごどしがしねえし すきなようにやるしかねえべ」
そんなことをかんがえながら

●でも モッコは ひゃくねんくらいとまっていることもあります
そのへんはあいまいなのです

●こどもたちが なきました
「はなれたくねぇ」となきました

●「みんなどモッコのおもいでは えいえんにみんなどモッコだけのもんだ
とおぐはなっちゃどしても みんながモッコをおもいだすとき
モッコは みんなだけのもんだ」
モッコはやさしいこえで いいました

●「なにいってんだ?」というかおをしている男の子
そんなことより 「モッコって、はなせんだ」とおどろく女の子
とにかく、みんなとモッコは ともだちです

●あっ そうだ さけぼう
「うぉぉ~!!!!!」
大きなモッコがさけびます みんなのために

●わかれた恋人どうしがモッコをみます けんかしていたひとたちがモッコをみます
みんなにみられたモッコは おおきなめであしたをみています
モッコはみんなをつないであるきます

●そのとき だれかがだれかをすきになり だれかがゆめをおいはじめ
だれかがじんせいをおえようとして だれかのいえにあらたないのちがうまれ
だれかがおおごえで わらいました 

●モッコはあるきつづけます
ゆきがとけて はながさきはじめたまちを
モッコは あるきつづけます


終わり